岩手県を中心に活動するご当地ミュージシャンが集結します!それぞれの個性的なパフォーマンスを堪能しながら、一緒にご当地ソングを唄いましょう!


うたのいちタイムテーブル

  • 10:00 第一回餅まき!
  • 10:10 ツジヤマガク(奥州が誇るウクレレマン)
  • 11:00 尾林星(宮古代表ポップシンガー)
  • 11:50 沼里翼 (宮古を担うローカル歌手)
  • 12:20 ノリシゲ (大槌から極上R&Bを)
  • 13:10 第二回餅まき!
  • 13:20 ヒラナイマコト(宮古をアコースティックにレボリューション!)
  • 14:10 DIMPLES (本州最東端ブルース楽団)
  • 15:00 終了



参加ミュージシャン

ツジヤマ ガク

(つじやま・がく/奥州市)

岩手県奥州市在住のウクレレシンガー。2006年、地元岩手に戻り、唄いはじめる。「シンプルな言葉、柔らかい声、ゆる~いメロディ」で多くの人の共感を集める。2012年には「NHKいわてみんなのうた」にて「あいのうた」が起用され反響をよぶ。現在は「辻山ギターウクレレ教室」の講師、ラジオDJとしても活躍中。2013年にはモックヒルレコードより「UKULELE SONGS」発売。


NORISHIGE

(ノリシゲ/大槌町)

震災直後、故郷・岩手県大槌町で生まれた楽曲「歩きましょう」(RIA+ノリシゲ名義)が『三陸に仕事をプロジェクト"浜のミサンガ環"』のCM曲として起用され、岩手・宮城のTV始め全国のTV・ラジオで放送、各種メディアでも注目を集める。2012年夏、ノリシゲ改め「NORISHIGE」として初のソロアルバムが完成。自身のルーツであるSoul、R&B、Jazz、アフリカンと言った洋楽の要素と、日本語を大切にした「唄」の要素が混ざり合うアルバムの中には、彼ならではのSOULと心が表現されている。


尾林 星

(おばやし・せい/宮古市)

東京都出身。シンガーソングライター、ギタリスト。2013年に宮古に移住し、以降宮古、盛岡、東京を中心に活動中。2017年には宮古での初自主企画開催、テレビ岩手の5きげんテレビにて自曲「カラフルMIYAKO」を演奏するなど岩手のお茶の間にもじわじわ浸透中。ひゅうずへの愛を高らかに歌い上げた「ひゅーずのテーマ」は必聴。井手健介とのユニット "ホセ&トンチャイ" 、ホセ尾林としても活動中。  


DIMPLES

(ディンプルズ/宮古市)

宮古市で活動する、本州最東端リアス式ブルーズ楽団。宮古市にちなんだオリジナル曲には、地元への愛とブルースの本場・シカゴへの熱い想いが溢れている。


ヒラナイマコト

(ひらない・まこと/宮古市)

宮古市田老が生んだ魂のシンガーソングライター。ルート45を安全運転でぶっ飛ばずトラック野郎でもある。「アコースティックレボリューション」、通称「あこれぼ」を主催し、宮古市の音楽シーンを盛り上げている。



沼里 翼

(宮古市)